アンリ三世とその宮廷 電子書籍 無料 立ち読み ブックライブ

BookLive「ブックライブ」のアンリ三世とその宮廷無料立ち読み


一般に日本でのフランス・ロマン主義の研究は手薄だが、なかでもアレクサンドル・デュマについての研究は皆無に等しい。デュマと言えば『三銃士』や『モンテ・クリスト伯』といった大衆娯楽作品の印象が強く、また数知れない代作者を使ったという理由で悪名も高い。また、その作品の全体について正確な総数すらわからないほどのいわば濫作者であったからよけいに始末が悪いのかもしれない。いったいどれだけ作品を出版したのだろうか。カルマン・レヴィー出版社が1920年に出したアレクサンドル・デュマ作品総カタログによる作品分類は以下の如くであった。(1)歴史小説および歴史研究128作品218冊(2)小説、短編、個人伝 41作品、64冊(3)回想録、閑談九作品、11冊(4)少年少女物語五作品、6冊(5)旅行記十八作品、35冊(6)戯曲66作品25冊。以上合計271作品、359冊アレクサンドル・デュマ協会のウェブサイトでは325作品がリストされている。また、個人のデュマ愛好家が作っているサイトによれば、すべての作品を取り混ぜて688作品としている。「誰もが皆デュマの話は聞いたことがあるし、彼の作品の何冊かは読んだことはあるが、彼の才能の大きさを意識している人はごく少ない。『アンリ三世』から一夜明けた日の彼の栄光はたくさんの妬み屋のしつこい中傷をひき起した。彼らの言を信じれば、デュマは先人を剽窃し、代作者たちに自分の作品を書かせた無知無学の人間ということになるだろう」(フェルナンド・バッサン)「『アンリ3世とその宮廷』を研究した人間はデュマの公式が一挙に分かる。彼はまことに多様な戯曲を書く。ところが本質的なものは最初の戯曲『アンリ三世』にある。つまり、民衆的な登場人物、地方色、変化、アクション、情念があるのだ。」(イポリット・パリゴー)この戯曲は、デュマ最初の本格的な五幕散文ドラマであり、スタンダールの理想の実現でもあり、ヴィクトル・ユゴーの『エルナニ』に先立つこと1年、ロマン主義演劇の最初の勝利を獲得した記念碑的作品でもある。時は1578年7月20日のことである。フランス国王アンリ3世の母、フィレンツェから亡き国王アンリ2世に嫁いだカトリーヌ・ド・メディシスと占星術師ルッジェリは、アンリ3世の寵臣サン=メグランがギーズ公爵の夫人に恋い焦がれていることを利用して、サン=メグランとギーズ公爵の両方から気弱な国王への影響力をそごうと画策する。カトリックとユグノーの殺し合いの宗教戦争の只中で、後にアンリ4世になるナヴァール王アンリを加えて3アンリの戦いと言われる時代である。ルッジェリは眠り薬で眠らせたギーズ公爵夫人とサン=メグランを引きあわせて二人が両思いであることを悟らせる。新教徒に対抗するカトリック同盟の盟主に自らなって、次期国王の座も狙おうとするアンリ・ド・ギーズのカトリック同盟に盟主の任命という性急な要求に、ブロワの三部会まで待てと諭すアンリ三世。事態は切迫していると反論するギーズ公。甲冑で登場したギーズ公が弾丸が飛んで来ても正面で受けてみせようと豪語するのを、サン=メグランが吹き矢筒でボンボンを命中させる。怒りに燃える両者の間で決闘が?
続きはコチラ



アンリ三世とその宮廷無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


アンリ三世とその宮廷詳細はコチラから



アンリ三世とその宮廷


>>>アンリ三世とその宮廷の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)アンリ三世とその宮廷の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入するアンリ三世とその宮廷を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)はアンリ三世とその宮廷を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用してアンリ三世とその宮廷を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)アンリ三世とその宮廷の購入価格は税込で「540円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)アンリ三世とその宮廷を勧める理由

アンリ三世とその宮廷って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
アンリ三世とその宮廷普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
アンリ三世とその宮廷BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特にアンリ三世とその宮廷を楽しむのにいいのではないでしょうか。


このところ、電子書籍業界では従来にない斬新な「読み放題」というサービスが登場し注目を浴びています。1冊ごとにいくらではなくて、各月いくらという料金方式になっています。
CDをある程度聞いてから買うように、漫画についても試し読み後に買うのが主流になってきたように思われます。無料コミックにて、気にしていたコミックをサーチしてみましょう。
アニメが一番の趣味という方にしてみれば無料アニメ動画と申しますのは革命的とも言えるコンテンツなのです。スマホを持ってさえいれば、好きな時間に見聞きすることが可能だというわけです。
販売部数の伸び悩みが叫ばれるようになって久しいですが、電子書籍は今までにないシステムを提案することにより、新規顧客を飛躍的増加させているのです。既存の発想にとらわれない読み放題というプランがそれを成し得たのです。
電子書籍を買うというのは、オンライン情報を手に入れることだと言っていいわけです。サービス提供が終了してしまうようなことがありますと利用することが不可能になるので、ちゃんと比較してから信頼できるサイトを選択しましょう。




アンリ三世とその宮廷のブックライブの情報

                    
作品名 アンリ三世とその宮廷
アンリ三世とその宮廷ジャンル 本・雑誌・コミック
アンリ三世とその宮廷詳細 アンリ三世とその宮廷(コチラクリック)
アンリ三世とその宮廷価格(税込) 540円
獲得Tポイント アンリ三世とその宮廷(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス


ページの先頭へ