自民党と創価学会 電子書籍 無料 立ち読み ブックライブ

BookLive「ブックライブ」の自民党と創価学会無料立ち読み


90年代前半、自民党は機関紙『自由新報』において、池田大作創価学会名誉会長による金銭・権力の掌握構造や、政教一致問題を焦点に徹底的な批判を展開した。しかしそのわずか数年後には掌を返すように公明党と連立、「自公政権」は現在に至るまで続いている。権力の座を死守するためなら、かつての政敵とも簡単に手を握る自民党。政権与党に居座るためなら「平和・福祉の党」の看板を汚す公明党=創価学会。この両党の親和性と癒着の構造を、膨大な資料、証言をもとに徹底追及する。【目次】はじめに/第一章 「自由新報」の激しい創価学会批判/第二章 禁じ手だった「自公連立」/第三章 自民党の変質/第四章 創価学会・公明党の体質とゆくえ/おわりに/『自民党と創価学会』関連年表/参考文献
続きはコチラ



自民党と創価学会無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


自民党と創価学会詳細はコチラから



自民党と創価学会


>>>自民党と創価学会の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)自民党と創価学会の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する自民党と創価学会を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は自民党と創価学会を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して自民党と創価学会を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)自民党と創価学会の購入価格は税込で「723円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)自民党と創価学会を勧める理由

自民党と創価学会って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
自民党と創価学会普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
自民党と創価学会BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に自民党と創価学会を楽しむのにいいのではないでしょうか。


コミックサイトの最大の長所は、ラインナップの数が書店よりもずっと多いということだと考えられます。売れずに返品する心配がいらないので、たくさんのタイトルを取り扱えるのです。
「部屋の中に保管しておきたくない」、「読者であることを隠すべき」と思う漫画でも、BookLive「自民党と創価学会」を使用すれば周囲の人に気兼ねせずに読み放題です。
ユーザー数が速いペースで増えつつあるのが話題となっているコミックサイトです。数年前までは単行本を買うという人がほとんどでしたが、電子書籍という形式で買って閲覧するというユーザーが確実に増えてきています。
「アニメにつきましては、テレビで放送されているものしか見ない」というのは、今では考えられない話ではないでしょうか?どうしてかと言いますと、無料アニメ動画をWeb上で楽しむというスタイルが増えてきているからです。
本のネットショップでは、ほとんど作者やタイトル以外、大ざっぱな内容しか確認不可能です。しかしBookLive「自民党と創価学会」サイトであれば、何ページ分かは試し読みで確かめることが可能です。




自民党と創価学会のブックライブの情報

                    
作品名 自民党と創価学会
自民党と創価学会ジャンル 本・雑誌・コミック
自民党と創価学会詳細 自民党と創価学会(コチラクリック)
自民党と創価学会価格(税込) 723円
獲得Tポイント 自民党と創価学会(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス


ページの先頭へ