自分の戦場 電子書籍 無料 立ち読み ブックライブ

BookLive「ブックライブ」の自分の戦場無料立ち読み


「不幸になってたまるか」癌の母親の面倒を見ている、二人の兄は頼りにならない、そして好きな女がいる… 勝った負けたと騒ぐじゃない。勝ち負けなど贅沢だ。俺は働きづめ、毎日が引き分けだ…。死病の母を世話し、好きな女との甘い暮らしを夢見る青年。その幸福になろうとする強い意志を骨太に描く「自分の戦場」(第2回すばる文学賞)のほか、「八月の光を受けよ」(第81回芥川賞候補)と「クレパスの金と銀」の中篇3本を収録。●吉川良(よしかわ・まこと)1937年、東京生まれ。芝高等学校卒、駒澤大学仏教学部中退。1978年『自分の戦場』で第2回すばる文学賞受賞。1979年『八月の光を受けよ』で芥川賞候補、『その涙ながらの日』で二度目の候補、1980年『神田村』で三度候補となった。1999年JRA馬事文化賞、ミズノスポーツライター賞優秀賞受賞。
続きはコチラ



自分の戦場無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


自分の戦場詳細はコチラから



自分の戦場


>>>自分の戦場の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)自分の戦場の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する自分の戦場を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は自分の戦場を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して自分の戦場を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)自分の戦場の購入価格は税込で「486円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)自分の戦場を勧める理由

自分の戦場って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
自分の戦場普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
自分の戦場BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に自分の戦場を楽しむのにいいのではないでしょうか。


「ある程度中身を知ってからでないと不安だ」と感じているユーザーからすれば、無料漫画というものは文句のつけようがないサービスだと言えるでしょう。運営側からしましても、顧客数増大が望めます。
「手持ちの漫画が増え過ぎて困り果てているから、購入を躊躇する」ということが起こらないのが、BookLive「自分の戦場」の良いところです。山のように買いまくったとしても、収納場所を気にする必要なしです。
「電子書籍は嫌いだ」とおっしゃる本好きな方も多くいますが、1回でもスマホで電子書籍を閲覧してみたら、その気軽さや支払方法の簡単さからリピーターになってしまう人が珍しくないとのことです。
古いコミックなど、町の本屋では発注をかけてもらわないと手に入れられない書籍も、BookLive「自分の戦場」形態で多種多様に取り扱われていますので、いつでも買い求めて読み始められます。
漫画は電子書籍で購入するという方が着実に増えています。カバンなどに入れて持ち歩くことも要されなくなりますし、収納場所を考える必要もないというのが理由です。更に言えば、無料コミックを活用すれば、試し読みだってできるのです。




自分の戦場のブックライブの情報

                    
作品名 自分の戦場
自分の戦場ジャンル 本・雑誌・コミック
自分の戦場詳細 自分の戦場(コチラクリック)
自分の戦場価格(税込) 486円
獲得Tポイント 自分の戦場(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス


ページの先頭へ