死者の伝言板 電子書籍 無料 立ち読み ブックライブ

BookLive「ブックライブ」の死者の伝言板無料立ち読み


死体に込められたメッセージの謎を巡り二転三転する犯人像は… 新聞の尋ね人の欄に自分の名前を見つけた会社員の伊東吾郎は、指定場所である東西大学へ出かけた。だが、尋ね主は現れず、同時刻、学内で学生の自殺事件が発生する。翌日、またも東西大学生による自殺事件が起き、吾郎は、二つの事件が昔の恋人・新田麗子と共作したミステリーそのままの擬装殺人であることに気付いて慄然とする。第三の殺人を阻止するため物語から予想される現場へと向かった吾郎は、あろうことかすでに殺されていた三人目の被害者の証言により、殺人犯として逮捕されてしまう…。モダン・ホラーの第一人者が描く、本格長篇ミステリ。●田中文雄(たなか・ふみお)1941年東京生まれ。早稲田大学卒業後、東宝入社。70年代を中心にプロデューサーとして映画製作に携わる。1974年に『夏の旅人』で早川書房SF三大コンテスト佳作入選。1975年に『さすらい』で幻影城新人賞佳作入選。1986年東宝を退社して作家専業となり、ミステリー、ホラー、SFバイオレンスなどに健筆をふるう。草薙圭一郎名義では時代小説、架空戦記も発表している。
続きはコチラ



死者の伝言板無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


死者の伝言板詳細はコチラから



死者の伝言板


>>>死者の伝言板の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)死者の伝言板の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入する死者の伝言板を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)は死者の伝言板を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用して死者の伝言板を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)死者の伝言板の購入価格は税込で「486円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)死者の伝言板を勧める理由

死者の伝言板って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
死者の伝言板普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
死者の伝言板BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特に死者の伝言板を楽しむのにいいのではないでしょうか。


お店では、スペース上の問題で取り扱える漫画の数に制約がありますが、BookLive「死者の伝言板」においては先のような問題が起こらないため、あまり一般的ではない漫画も販売できるのです。
「この棚に並んでいる全部の漫画が読み放題だとしたら、どんなに楽しいだろう」という利用者の声を元に、「月額料金を支払えば毎回の支払いは不要」という形の電子書籍が生まれたわけです。
漫画が好きだという人にとって、保管用としての単行本は貴重だと思われますが、手軽に閲覧したいという人の場合は、スマホで閲覧できるBookLive「死者の伝言板」の方が便利です。
電子書籍も普通の本と同じように情報が商品となりますので、自分に合わない内容でも返品に応じて貰えません。よって楽しそうかをチェックするためにも、無料漫画を閲覧する方が良いでしょう。
お金を支払う前に内容を確かめることが可能であるなら、読んでしまってから後悔するようなことにはならないでしょう。店舗での立ち読み同等に、BookLive「死者の伝言板」においても試し読みができるので、内容を把握できます。




死者の伝言板のブックライブの情報

                    
作品名 死者の伝言板
死者の伝言板ジャンル 本・雑誌・コミック
死者の伝言板詳細 死者の伝言板(コチラクリック)
死者の伝言板価格(税込) 486円
獲得Tポイント 死者の伝言板(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス


ページの先頭へ