マスペディア1000 電子書籍 無料 立ち読み ブックライブ

BookLive「ブックライブ」のマスペディア1000無料立ち読み


※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。“世にも美しい事典”と評判のサイエンスペディア(第50回造本装幀コンクール経済産業大臣賞受賞)に姉妹編の数学版が登場! 数学を10のカテゴリーに大きく分け、最重要キーワードを1000個選び、それぞれを簡潔に紹介したおしゃれな数学事典です。 それぞれのキーワードは五十音順ではなく、数学のサブカテゴリー(幾何学、代数学、解析学……)ごとに並べられています。気になるキーワードを調べるのに使うのはもちろんですが、サブカテゴリーに含まれるキーワードを一気に読むという楽しみ方もおすすめです。そうすることで、気になるサブカテゴリーの全体像が浮かび上がってくるからです。 事典としての機能とポピュラーサイエンスのように読めるとっかかりやすさを融合させた本書は、事典としてはもちろん、想像力を刺激する数学エッセイとしても楽しむことができるのものです。 本書に含まれるカテゴリーとサブカテゴリーは、次の通りです。数(基本、計算、数体系、有理数、約数と倍数、帰納法、数の表現法、超越数、定規とコンパスによる作図、ディオファントス方程式、素数)幾何学(ユークリッド幾何学、三角形、円、多角形と多面体、変換、充填形、曲線と曲面、極座標、離散幾何学、微分幾何学、位相幾何学、結び目理論、非ユークリッド幾何学、代数的位相幾何学、代数幾何学、ディオファントス幾何学)代数学(文字で数を表す、方程式、ベクトルと行列、群論、抽象代数学)離散数学(組み合わせ論、グラフ理論、ラムゼー理論)解析学(数列、級数、連続性、微分学、積分学、複素解析、べき級数、累乗、フラクタル、力学系、微分方程式、フーリエ解析)論理学(基本論理、演繹法、集合論、ヒルベルトプログラム、複雑性理論、計算可能性理論、モデル理論、不確実性とパラドクス)超数学(数学という営み、数学と技術、数学の哲学)確率論と統計学(統計学、確率論、確率分布、確率過程、暗号学)数理物理学(ニュートン力学、波動、場と流れ、特殊相対性、重力、量子力学、場の量子論)ゲームとレクリエーション(ゲーム理論、フィボナッチ、黄金分割、パズルと難問)
続きはコチラ



マスペディア1000無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


マスペディア1000詳細はコチラから



マスペディア1000


>>>マスペディア1000の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)マスペディア1000の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入するマスペディア1000を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)はマスペディア1000を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用してマスペディア1000を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)マスペディア1000の購入価格は税込で「3974円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)マスペディア1000を勧める理由

マスペディア1000って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
マスペディア1000普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
マスペディア1000BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特にマスペディア1000を楽しむのにいいのではないでしょうか。


購入してしまってから「期待したよりも楽しむことができなかった」としても、書籍は交換してもらうことは不可能です。だけども電子書籍なら試し読みをすることができるので、そうした事態をなくせます。
「詳細を把握してからでないと買えない」とおっしゃるユーザーからすれば、無料漫画というのは利点の大きいサービスだと考えて良さそうです。運営者側からしても、新規利用者獲得に期待が持てます。
BookLive「マスペディア1000」を楽しみたいなら、スマホが一番です。パソコンはかさばるので持ち運ぶことが不可能ですし、タブレットも混み合った電車の中などで読みたいという時には、大きすぎて邪魔になると想定されます。
漫画をたくさん読みたいのなら、コミックサイトが重宝します。購入手続きも非常に簡単ですし、新刊を買いたいがために、あえて売り場で事前に予約をする必要もありません。
「アニメにつきましては、テレビで放映中のもののみ見ている」というのは前時代的な話だと言わざるを得ません。そのわけはと言うと、無料アニメ動画などをネットで楽しむという形が増えつつあるからです。




マスペディア1000のブックライブの情報

                    
作品名 マスペディア1000
マスペディア1000ジャンル 本・雑誌・コミック
マスペディア1000詳細 マスペディア1000(コチラクリック)
マスペディア1000価格(税込) 3974円
獲得Tポイント マスペディア1000(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス


ページの先頭へ