libGDXゲーム開発入門 電子書籍 無料 立ち読み ブックライブ

BookLive「ブックライブ」のlibGDXゲーム開発入門無料立ち読み


※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。Ingressの開発にも利用された話題のゲームエンジン「libGDX」入門書の登場!【書籍概要】本書は、『ほんきで学ぶAndroidアプリ開発入門』(ISBN978-4-7981-4134-3/電子書籍版ISBN978-4-7981-4306-4)の第9章で好評だった、libGDXを利用したゲーム開発の部分をスピンオフしてまとめた入門書です。すでに『ほんきで学ぶAndroidアプリ開発入門』をお持ちの方は、内容としては、バージョンアップなど差分の更新が主になります。購入される前にご確認ください。【libGDXについて】libGDX は、ゲーム開発を行うためのオープンソースのフレームワークです。日本ではあまりなじみのないものの、海外ではゲーム関連サイトや個人ブログで取り上げられることが多く、人気のフレームワークです。libGDXを利用するメリットとして、利用者の多いJavaで開発できること、そして2Dだけではなく3Dもサポートしていることが挙げられます(本書では2Dのみを扱います)。また、Android、iOS、PC(Windows、Linux、macOS)、HTMLなどのマルチプラットフォームに対応しています。このフレームワークを利用したゲームで有名なものとして、Nianticが提供する位置情報・AR・陣取りゲーム「Ingress」(イングレス)があります。【特徴】本書ではAndroidアプリ用にlibGDX を利用した2Dゲーム開発手法について解説します。作成するゲームはUnity社のユニティちゃん 2Dデータを利用した横スクロールのジャンプゲームです。複雑な関数を利用しなくても簡単に2Dゲームを作成でき醍醐味を感じてもらえれば幸いです。【対象読者】Javaの知識のあるアプリ開発者
続きはコチラ



libGDXゲーム開発入門無料立ち読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると内容が見れるよ♪


libGDXゲーム開発入門詳細はコチラから



libGDXゲーム開発入門


>>>libGDXゲーム開発入門の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)libGDXゲーム開発入門の料金


BookLive!(ブックライブ)は月額制ではなくて、購入するlibGDXゲーム開発入門を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive!(ブックライブ)はlibGDXゲーム開発入門を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!(ブックライブ)ポイントなどを利用してlibGDXゲーム開発入門を購入して読むことが可能です
BookLive!(ブックライブ)libGDXゲーム開発入門の購入価格は税込で「1080円」になります。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE




BookLive!(ブックライブ)libGDXゲーム開発入門を勧める理由

libGDXゲーム開発入門って、普通に買うだけでも紙の本よりも安くなりますが、BookLive!は割引方法がとにかく充実してるんです。
libGDXゲーム開発入門普通に買うのがもったいなく感じてしまうほどです。
libGDXゲーム開発入門BookLive!(ブックライブ)で購入することで、場所を問わずどこでも読めるし、紙の本よりも重たくならずに済みます。
BookLive!では品揃えも充実していて、特にlibGDXゲーム開発入門を楽しむのにいいのではないでしょうか。


月額が決まっているサイト、登録不要のサイト、1冊単位で支払うタイプのサイトタダのコミックが多数あるサイトなど、コミックサイトも何かと違いが見られますから、比較した方が良いでしょう。
読みたい漫画はたくさん売り出されているけど、購入しても収納できないという方もかなりいるようです。そういう事で、収納箇所をいちいち気にせずに済むBookLive「libGDXゲーム開発入門」利用者数が増えてきたのです。
BookLive「libGDXゲーム開発入門」が中高年層に評判が良いのは、子供の頃に夢中になった作品を、再度容易に読むことが可能であるからということに尽きるでしょう。
居ながらにしてダウンロードして楽しめるというのが、無料電子書籍の利点です。お店まで出掛けて行く必要も、通販で買った書籍を郵送してもらう必要もないのです。
利益に直結しない無料漫画を敢えて配置することで、集客数を上げ利益に結び付けるのが事業者サイドの狙いということになりますが、逆の立場であるユーザー側からしても試し読みができるので、良い判断材料になります。




libGDXゲーム開発入門のブックライブの情報

                    
作品名 libGDXゲーム開発入門
libGDXゲーム開発入門ジャンル 本・雑誌・コミック
libGDXゲーム開発入門詳細 libGDXゲーム開発入門(コチラクリック)
libGDXゲーム開発入門価格(税込) 1080円
獲得Tポイント libGDXゲーム開発入門(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス


ページの先頭へ